老眼は脳の視力回復トレーニングで改善する 

近視改善で視力回復!自宅で出来る〜今野式近視改善エクササイズ

老眼も近視も今からでも回復する!即効視力アップ法。脳を活性化して視力を回復する方法教えます。

サイトマップ

脳の活性化で視力は回復する

老いを最初に意識するのは「老眼」かもしれません。



ご存知のように、「老眼」は、目のピントを合わせる機能が衰えて、近くのものが見えにくくなる状態をさします。

モノを見る時には、毛様体筋という筋肉を働かせて、眼のレンズともいえる「水晶体」の厚みを変えて、距離に応じたピント合わせ行って焦点を合わせます。

ところが、加齢とともにこの水晶体が硬くなったり、毛様体筋が衰えていると、水晶体の厚さがスムーズに変わらなくなり、焦点を合わせにくくなります。

かつては40代から増え始める症状といわれ、「老眼は眼の老化現象だから回復しない」、それが長らく世間の常識となってきました。

しかし、最近30歳代から60歳代の男女に対して行った視力の調査によると、30代でも8割、40代では9割もの方々が「携帯メールの文字が入力しずらい」「名刺やメニューなどの細かい文字が見にくい」といった自覚症状を感じているといいます。

通信と情報化の時代と呼ばれるようになってこの方、私たちの身の回りには便利さと引き換えに、眼を酷使する機器や装置があふれるようになりました。

テレビパソコン、そして携帯電話やゲーム機をはじめとするさまざまな情報端末まで、一日何時間も画面を見続けることになり、年齢に関係なく老眼を起こしやすい環境に置かれています。

実際に、30歳代で老眼という人も現れています。

かつての常識では、これらすべての人々を十束一絡げに「老眼」と呼び、後戻りのできないものとして考えられてきました。

ところが、最近の比較的若年での老眼については、「脳」の老化の影響で引き起こされることが明らかになってきました。

もともと「見る」こととは、目の機能だけの問題ではありません。

ものが見えるのは、眼球でとらえた映像が脳に送られ、そこで脳が解釈判断しているためで、目と脳の共同作業で成り立っています。

私たちは目でものを見ていると思い込んでいますが、見ているという認識は脳で作られています。

ここで、脳のほうで「眼球にガタがきているからどうせ見えない」と認識するのをあきらめてしまうと、いったいどういうことが起こるのでしょうか。

水晶体を通って網膜に映し出された映像情報を伝達された脳が適切な処理をしないと、目には映っていても「見えない」という現象が起こります。

たとえば、目の前にメガネが落ちていても、あるはずがないという意識が優先していれば“気づかない”ことが起きたり、考え事をしながら待ち合わせをしていて目の前にいる相手に気づかなかったり、歩いているのに足元の障害物に気づかなかったりと、目には映っていても「見えていない」ことが実際に起きます。

つまり、目の働きの衰えではなく、脳の働きの衰えで見えていない場合もありうるのです。

視力検査で測る「視力」は、いわゆる像を映し出す眼球の能力を調べる尺度で、「眼球視力」とも呼ばれます。

これに対して、脳の判断と一体になった“見え方”を「脳内視力」と呼んでいますが、こちらの能力低下が老眼につながっていることも、現代では想定する必要があります。



脳内視力低下の兆候を示す例

● モノ忘れが激しくなった

● 本や新聞を読んでもなかなか記憶に残らなくなった

● 道を歩いていて人やモノにぶつかったり、つまずいたりする

● 急な階段の上り下りは手すりにつかまる

● 電車の社内で通過駅の「駅名」が読めないことが多くなった

● テニスや卓球で空振りすることが多くなった

見えづらくなったらすぐにメガネの力を借りれば、当座の見えにくさは解消できますが、回復できないレベルにまで眼球視力を低下させてしまうおそれがあります。

安易なメガネの着用は、眼球の毛様体筋の衰えにつながり、同時に脳が見ようとする力である「脳内視力」までも衰えさせてしまいます。

さて、これまで、視力の回復といえば、目の疲れを取り除いたり、目の筋肉を鍛えたりする眼球視力の回復をさしてきました。

しかし、現代の生活環境の中では、目だけでなく、脳にも意識改善を促すことにより、視力を劇的に回復することが可能です。

そして、その方法を紹介するのがこのサイトの目的です。

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye
脳の活性化で視力は回復する
視力低下と物忘れ
ちょっと覚えるだけ
脳と目の連携
脳内視力年齢チェック
10の視機能
近視は老眼にならないの間違い
老眼の3つのタイプ
ドライアイを防ぐ方法
緑内障を防ぐ方法
白内障を防ぐ方法
今日からやる視力アップ習慣
目を良くする食事・悪くする食事
眼の老化を止める生活10箇条
脳内視力で思い通りの人生を
乱視改善で視力回復!自宅で出来る今野式乱視改善エクササイズ
リンク集
1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法
視力回復8週間徹底プログラム
88.8%の改善率!自宅で視力を治す方法!

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
三菱東京ufj 住宅ローン 金利











































































老眼は脳の視力回復トレーニングで改善する All copyrights 2011 by 小田篤史 Google


当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。
HIV・エイズの基礎知識C型肝炎の基礎知識白内障の症状と治療口唇ヘルペスってどんな病気?痔の種類と症状と養生法関節リウマチの新しい治療法緑内障ってどんな病気?社会不安障害(SAD)とはニコチン依存症アトピー性皮膚炎のQ&A不眠症を語る〜睡眠がとれないとどうなる?不眠のQ&A〜インフルエンザを予防しようメタボリックシンドローム〜高尿酸血症編〜関節リウマチガイド〜関節リウマチを知る〜もしかして喘息?喘息とアレルギー性鼻炎のつながりとは肺炎球菌予防ワクチンとはアトピー性皮膚炎を説明するサイトアスペルガー症候群を知る〜基礎編子宮頚がんとは妊娠・授乳と喘息治療じんましんとは?PETによるがん健診を知る睡眠時無呼吸症候群とはしっかり治そう慢性副鼻腔炎しっかり治そうこどもの中耳炎声のかすれ「嗄声(させい)」とは?大人のアスペルガー症候群との接し方うつ病サポートガイドステロイド薬不使用のアトピー治療についてアトピー・アレルギー・喘息のサイト家庭の食中毒〜発熱・腹痛に要注意〜超わかりやすい認知症ケアのマニュアルレーシックではなく近視を改善する視力回復法選ぶ・使うコンタクトレンズガイド老眼は脳の視力回復トレーニングで改善する自閉症の自立の支援ガイドもしかしてアスペルガー症候群〜診断とテスト〜こういう病院は危険です〜医療を選ぶ〜インプラントの達人が伝える100%成功の秘密ED治療の最前線パーソナリティ障害とは花粉症の治療法最前線インプラント治療の知識と費用と歯科医の選び方不安障害を説明するサイト尿酸値と痛風年齢・原因別不妊治療ガイドうつ病とは〜症状と治し方〜いびきの治療と原因