老眼は脳の視力回復トレーニングで改善する 

近視改善で視力回復!自宅で出来る〜今野式近視改善エクササイズ

老眼も近視も今からでも回復する!即効視力アップ法。脳を活性化して視力を回復する方法教えます。

サイトマップ

砂糖の摂り過ぎ|目を良くする食事・悪くする食事

最近の目の障害例では、水晶体が白濁する白内障や、角膜が白濁したり混濁したりする症状、硝子体に混濁が生じる症例が急増しているといいます。



この原因の一つと考えられているのが“砂糖”で、とりわけ若者を中心とする「ペットボトル症候群」が顕著になっています。

これは、ジュース類、缶コーヒー、炭酸飲料およびスポーツ飲料を多量に摂取することで砂糖を急速に体内に入れることから生じる症状です。

砂糖、ショ糖、果糖、液糖などの単糖類を摂取すると急速に血液中に入り、血糖値を上昇させます。

過激なスポーツで糖分を使い切ってしまった場合には問題がないのですが、通常の状態では驚いた膵臓(すいぞう)が急いでインシュリンを生成して送り込みます。

今度は血糖値が急に下がることになります。

この繰り返しで膵臓が疲弊してインシュリンの生成能力が低下していくのが、ご存知「糖尿病」です。

近年の糖尿病やその影響による目の疾患が若い人にも増えてきていて、その一因として疑われているのがペットボトル症候群なのです。



話がいくぶんか横道にそれますが、単糖類の過剰摂取の弊害についてもう少しお話を進めていきます。

砂糖は濃縮され、結晶化された「酸」です。

過剰に摂取すると血液は酸性過多になります。

そこで、これを中和するために体内では蓄積しておいたナトリウムカリウムカルシウムなどのミネラル類やビタミン類を利用します。

足りなくなれば骨や歯から拝借することになるので、歯がもろくなったり、骨粗鬆症にもなりやすくなってしまいます。

また、酸性過多の血液では結核菌も繁殖しやすくなります。

骨粗鬆症や結核にならないようにするにはカルシウムを補給したり、体を鍛えたりすることよりも先に、まず単糖類を多量にとらないようにすることです。

人間の胃袋は一度にたくさんの糖が入ってくると消化吸収機能を止めてしまいます。

すると消化されないまま腸に送られますが、そこで完全に吸収されるまで胃の働きが止まったままになります。

これは「糖反射」と呼ばれています。

要するに、人間の体は大量の糖分を一気に処理するようにはできないということです。

糖分をとるときに大切なことは、ご飯などに含まれる多糖類を摂取し、体に負担がかからないように、よく噛んでゆっくりと血液中に糖分を入れていくことです。

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye
脳の活性化で視力は回復する
視力低下と物忘れ
ちょっと覚えるだけ
脳と目の連携
脳内視力年齢チェック
10の視機能
近視は老眼にならないの間違い
老眼の3つのタイプ
ドライアイを防ぐ方法
緑内障を防ぐ方法
白内障を防ぐ方法
今日からやる視力アップ習慣
目を良くする食事・悪くする食事
視力回復が早い人の違い
砂糖の摂り過ぎ
乳製品の摂り過ぎ
肉の摂り過ぎ
化学物質
食事の量
冷たいものの摂り過ぎ
水と目
噛む習慣
ブルーベリー
疲れ目・かすみ目にカキ
ナマコできれいな角膜
煮こごりや豚足で若々しい
眼の老化を止める生活10箇条
脳内視力で思い通りの人生を
乱視改善で視力回復!自宅で出来る今野式乱視改善エクササイズ
リンク集
1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法
視力回復8週間徹底プログラム
88.8%の改善率!自宅で視力を治す方法!

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
外貨 金利




































老眼は脳の視力回復トレーニングで改善する All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。