老眼は脳の視力回復トレーニングで改善する 

近視改善で視力回復!自宅で出来る〜今野式近視改善エクササイズ

老眼も近視も今からでも回復する!即効視力アップ法。脳を活性化して視力を回復する方法教えます。

サイトマップ

ちょっと覚えるだけ

目と脳が「見る」ことについていかに緊密に連携しているかを実験してみましょう。



用意するものは「新聞」と「定規」だけです。

数字を瞬時に記憶する実験の後に視力を測ると、視力が復活しているのを実感できます。

まずは、新聞を使ってどの程度老眼が進んでいるかをチェックしてみます。

新聞を両手に持って、はっきり文字が読めるぎりぎりの距離まで近づけて、その距離を測ります。

30 cmぐらいで文字が見づらいようなら、すでに老眼が始まっています。

ただし、これは準備段階。

今度は、次の3つの数字の並びを上から順番に一つずつパッと見て覚えて、紙にその数を書き出してください。

桁数順に記憶するのではなく、1つの数として脳に焼き付けるようにして見るのがコツです。

912

84529

3684123

3つの数字を覚えたら、目を閉じて10秒間ほどの間、頭の中でその数字をイメージします。

ゆっくり目を開いて、今度は先ほど測ったギリギリ見える距離よりも少し新聞を近づけて、もう一度よく文字を見てください。

たぶん、はっきりと見えているはずです。

あるテレビ番組がこの実験を行ったところ、43歳の女性は実験前の視力「0.6」が「0.9」に、52歳の男性は「0.3」が「0.6」に上がるなど、試した全員の視力が上がりました。

記憶力を上げるとは、脳の働きを活性化することです。

脳の働きをよくすると視力も上がるのです。

写真を読み込んでパソコンの画面に表示させるときには、膨大な量の情報がパソコン内で処理されていますが、人間の場合も瞬間的にものを見て覚えるとき、脳では大量の情報を処理することになります。

この際の脳の処理能力を高めると、先ほど説明した「脳内視力」がアップするわけです。

「パッとものを見る」とは、そのものを見て瞬間的に頭に入れることで、「瞬間視」と呼びますが、それが習慣化すると脳が活性化されて、視力アップにも役立つのです。

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye
脳の活性化で視力は回復する
視力低下と物忘れ
ちょっと覚えるだけ
脳と目の連携
脳内視力年齢チェック
10の視機能
近視は老眼にならないの間違い
老眼の3つのタイプ
ドライアイを防ぐ方法
緑内障を防ぐ方法
白内障を防ぐ方法
今日からやる視力アップ習慣
目を良くする食事・悪くする食事
眼の老化を止める生活10箇条
脳内視力で思い通りの人生を
乱視改善で視力回復!自宅で出来る今野式乱視改善エクササイズ
リンク集
1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法
視力回復8週間徹底プログラム
88.8%の改善率!自宅で視力を治す方法!

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
不動産担保ローン 金利


















































老眼は脳の視力回復トレーニングで改善する All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。