老眼は脳の視力回復トレーニングで改善する 

近視改善で視力回復!自宅で出来る〜今野式近視改善エクササイズ

老眼も近視も今からでも回復する!即効視力アップ法。脳を活性化して視力を回復する方法教えます。

サイトマップ

脳と目の連携

歳を重ねて目がよく見えなくなったと感じると、ほとんどの方は眼鏡屋さんに行ってしまいます。



中には眼科に行って視力を検査してもらう慎重派の方もいますが、結局はどちらのケースでもほとんどの場合にメガネのお世話になることでしょう。

そして、視力の低下が進むとより度の強いメガネに変える・・・いつのまにかメガネが外せなくなる、これがメガネを常用する方々の典型的なパターンです。

日本では、眼科に行ったとしても、視力の衰えを補うための「処方」は受けられても、視力を回復する「治療」はほとんど行われていないのが実情です。

一般に「いったん落ちてしまった視力は回復しない」という考え方が定着しています。

確かに、視力回復を専門にする医療機関はほとんど知られていません。



しかし、それが世界の常識ではありません。

視力回復先進国のアメリカをはじめとして、すでに世界では目の病気の治療を行うの「オフサルモロジスト」(日本の眼科医に相当)のほかに、視覚機能の障害の検査/処方から眼病の検査までの視力ケアを行う「オプトメトリスト」が国家資格として制度化されています。

後者ではとりわけ、病気の範ちゅうには入らない、視力向上、近視の予防、視力低下の防止と視覚機能の向上など、「見る」という能力がうまく機能するための研究を通じて、眼球の働きだけでなく「脳内視力」にも注目が寄せられています。

焦点を合わせた視覚対象の像を網膜に結像するというだけなら、確かに、眼球はカメラと変わりませんから、メガネでピント合わせの能力を上げればすみます。

しかし、実際は、網膜に映った像を脳に送り、脳内で視覚として再構築されてはじめて認識されます。

このため、網膜の結像が多少ピンボケで脳に送られても、脳の調整機能がはたらくとはっきり見えてしまいます。

この場合は、ピントを合わせるメガネの役割を脳が代りに果たします。

言ってみれば、最先端のコンピュータグラフィックスと同様に、ソフトウェアで調整することで、正しく再生を行うわけです。

老眼や近眼でピントが合わなければ、脳のピントを合わせる力、つまり脳内視力を伸ばしていけばいいとも言えるのです。

もちろん程度の問題もありますから、脳ですべてを代替できるわけではありませんが、脳と目の連携を高めていけば、視力を劇的に回復させることが可能になります。

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye
脳の活性化で視力は回復する
視力低下と物忘れ
ちょっと覚えるだけ
脳と目の連携
脳内視力年齢チェック
10の視機能
近視は老眼にならないの間違い
老眼の3つのタイプ
ドライアイを防ぐ方法
緑内障を防ぐ方法
白内障を防ぐ方法
今日からやる視力アップ習慣
目を良くする食事・悪くする食事
眼の老化を止める生活10箇条
脳内視力で思い通りの人生を
乱視改善で視力回復!自宅で出来る今野式乱視改善エクササイズ
リンク集
1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法
視力回復8週間徹底プログラム
88.8%の改善率!自宅で視力を治す方法!

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
frb 金利














































老眼は脳の視力回復トレーニングで改善する All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。