老眼は脳の視力回復トレーニングで改善する 

近視改善で視力回復!自宅で出来る〜今野式近視改善エクササイズ

老眼も近視も今からでも回復する!即効視力アップ法。脳を活性化して視力を回復する方法教えます。

サイトマップ

目と手の共同作業|脳内視力年齢チェック

目と手の共同作業とは…ここでの「目と手の共同作業」とは、目から入ってきた情報を脳で処理して、これに反応するまでの速さをさします。



チェックする目的は、入ってくる情報の正確さと、それを素早く処理して、正確に反応できるかどうかを調べるもので、そのスピードが脳の若さを表します。

チェック方法

「後出しジャンケン」でチェックを行うので、協力してくれる相手が必要です。

正規のシャンケンポン・ルールで禁じ手とされている「後出し」で、相手に勝つことが条件です。

メガネをかけている方は外してください。

5回続けてジャンケンポンを行いますが、考える“間(ま)”をとってはいけません。

判定結果

目と手の共同作業年齢

 ■5回ともジャンケンに勝った方:20〜30歳代

 ■3または4回勝った方:40〜50歳代

 ■2回以下の方:60歳以上

このチェックでは他の年齢チェック方法と併用することも可能です。

たとえば、視線を外れたところで相手とジャンケンしたり(周辺視力)、横に立ってもらって眼球を動かしてもよくしたり(眼球コントロール力)、「後出し負け」に変えたりすることもできます。

小さなお子さんなどと遊びながらいつでも行うこともできるので、チェックすることがそのまま目と脳の機能アップにつながります。



さて、判定の結果はどうだったでしょうか。

あまりかんばしくなかった方は、これから紹介する目と脳のトレーニングを続けていけば、効果があるはずです。

実年齢よりも若い結果だった方も、これから老化が待っているわけですから、安心せずにトレーニングを行えば、老眼や老脳防止に役立ちます。

1週間後、2週間後、1ヵ月後と定期的にチェックしてみましょう。

もちろん、「すべて定められたとおりにやらねば…」といった義務感は“プレッシャー”になり、脳にストレスを与えて逆効果になります。

また、体調が優れなかったり、気分が悪かったりするときに無理をする必要はありません。

ただし、緑内障白内障ドライアイなど、目の疾患の疑いがある場合は、必ず眼科を受診してください。

トレーニング効果には個人差があります。

防止を目的とする方と回復をめざす方では、当然結果が異なります。

すぐに効果が出ないからとあきらめないようにしましょう。

続けることが重要で、いつのまにか視界が広がっていることに気づくかもしれません。

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye
脳の活性化で視力は回復する
視力低下と物忘れ
ちょっと覚えるだけ
脳と目の連携
脳内視力年齢チェック
瞬間視力
深視力
輻輳力
コントラスト視力
動体視力
周辺視力
集中力
目と手の共同作業
10の視機能
近視は老眼にならないの間違い
老眼の3つのタイプ
ドライアイを防ぐ方法
緑内障を防ぐ方法
白内障を防ぐ方法
今日からやる視力アップ習慣
目を良くする食事・悪くする食事
眼の老化を止める生活10箇条
脳内視力で思い通りの人生を
乱視改善で視力回復!自宅で出来る今野式乱視改善エクササイズ
リンク集
1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法
視力回復8週間徹底プログラム
88.8%の改善率!自宅で視力を治す方法!

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
ローン 金利 動向



















































老眼は脳の視力回復トレーニングで改善する All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。