老眼は脳の視力回復トレーニングで改善する 

近視改善で視力回復!自宅で出来る〜今野式近視改善エクササイズ

老眼も近視も今からでも回復する!即効視力アップ法。脳を活性化して視力を回復する方法教えます。

サイトマップ

老眼の3つのタイプ

老眼というと誰でも同じと考えがちですが、大きく分けると次の3つのタイプに分類できます。



 @正常老眼

 A遠視老眼

 B近視老眼

一口に老眼といっても、近視から老眼になった人と、遠視から老眼になった人では、目の特徴と注意すべき点が異なってきます。

それぞれのタイプに合わせて対策を講じることで、視力アップの効果をより高めることができます。

@正常老眼

若いときに1.0以上の視力があった正常視力の持ち主で、40歳あたりから老眼になった方々で、他との比較では最も症状が軽いタイプといえます。

元々はっきり見えていたことから、目と脳内視力を鍛えて眼筋の柔軟性を取り戻せば、老眼の進行を止めるだけでなく、数段階前の状態に戻せる可能性もあります。


A遠視老眼

自覚症状は正常老眼の場合と変わりませんが、こちらは若いときに遠視だった方々で、急激に老眼が進む症状が特徴です。

俗に遠視は「よく見える」と思われていて、若いときには見つけにくく、ある時点から急激に近くが見えなくなる落差に見舞われることになります。

このタイプは見えるギリギリのところから、徐々に近づけて見ていくトレーニングをすればよいのですが、まず近くを見ることの抵抗感や恐怖心を取り除くことがポイントになります。

遠方はかなりよく見えているので、まず遠方から見始めて、その見えているものがだんだん近づいてきているイメージでトレーニングを行えば、かなりの回復効果を期待できます。

B近視老眼

もともと近視で長らくメガネコンタクトレンズのお世話になってきた方々で、「ものがよく見えない」という意識が脳に刷り込まれて数十年を過ごしてきた上に老眼が加わるので、そのつらさは他のタイプの老眼との比ではありません。

脳内視力は低下し、目は疲弊していて、おそらく眼底の変質も進んでいることが予想されるため、ことは重大です。

実は「近視」も老化現象と考えられていますから、目で二重の老化現象が起きていることになり、「見えない」だけでなく、目の健康そのものにもダメージを受けている可能性が極めて高いことになります。

近視の人の眼底写真を調べると、多くの場合に目のよい人に比べて血管が細く弱々しく、血流障害を起こしています。

これを10年、20年と放置していけば神経が栄養障害を起こしてしまいます。

その結果、近視老眼の場合は「緑内障」や「白内障」などの深刻な目の病になるケースが非常に高まります。

そこで、近視老眼の方々は老眼防止のトレーニングとともに、後述する血流をよくするトレーニングや血管を強化する食事内容への切り換えなどにより、眼筋、神経、血管をバランスよく強化していくことが必要になってきます。

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye
脳の活性化で視力は回復する
視力低下と物忘れ
ちょっと覚えるだけ
脳と目の連携
脳内視力年齢チェック
10の視機能
近視は老眼にならないの間違い
老眼の3つのタイプ
ドライアイを防ぐ方法
緑内障を防ぐ方法
白内障を防ぐ方法
今日からやる視力アップ習慣
目を良くする食事・悪くする食事
眼の老化を止める生活10箇条
脳内視力で思い通りの人生を
乱視改善で視力回復!自宅で出来る今野式乱視改善エクササイズ
リンク集
1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法
視力回復8週間徹底プログラム
88.8%の改善率!自宅で視力を治す方法!

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
南アフリカ 金利






























































老眼は脳の視力回復トレーニングで改善する All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。