老眼は脳の視力回復トレーニングで改善する 

近視改善で視力回復!自宅で出来る〜今野式近視改善エクササイズ

老眼も近視も今からでも回復する!即効視力アップ法。脳を活性化して視力を回復する方法教えます。

サイトマップ

ドライアイを防ぐ方法

ドライアイ」と書けば単なる目の乾きと軽く考えがちですが、「角膜乾燥症」と書き直すと慢性疾患で何とか治さなければなるまいと考えます。



日常意識することはありませんが、涙は眼球の表面を潤して角膜や結膜を保護し、ちりや細菌の侵入を防いでいます。

涙の分泌量が減って眼が乾いてくると、眼が疲れたり充血したりと不快な症状が現れて、視力の低下や眼病を招きやすくなります。

これがドライアイで、一般にうまくまばたきができていないために起こる現象です。

情報化社会の到来と言われるようになって、人々はテレビや各種のディスプレイなど、高輝度でちらつく画面を四六時中見つめるのが当たり前になってきました。

画面を見つめていると、目と脳は緊張状態に入り、自然にまばたき回数が減ってきます。

すると涙の蒸発が進む一方で、その分の補給が十分に行われなくなります。

また、老化が始まってリズム感が衰えてくると、まばたきが上手にできなくなり、涙の分泌コントロールに支障をきたして、ドライアイの原因になります。

涙そのものは主に水層と油層でできていて、水分が蒸発しないようその表面を油分で覆っています。

ドライアイの80%がこの油分不足で、残る20%が水分不足といわれていますが、どちらが不足しても症状は改善されません。

そこで、ドライアイを改善するために水分と油分(皮脂)をたっぷりと出して、まばたきでうまく潤滑させることがドライアイ防止対策として重要になってきます。

以下では、眼球へ十分な水出し、油出しを行い、まばたきでうまく潤滑させるトレーニング方法を紹介します。

一点凝視法

涙腺を刺激し、つまりを取り除いて、涙の供給力・循環を高めていきます。

 @眼を大きく開いて何か一点をまばたきせずに、じっと見つめます。目がジーンとしてくるまでその状態を保ちます。

 Aまばたきをしないでいる限界にきたら、5〜6回大きくまばたきします。

これを5回繰り返します。

あくび法

一点凝視法に続けて行います。

一点凝視法でつまりの取れた涙腺に水分を流し込み、涙の供給を潤沢にします。

子どもの頃を思い出してあくびを連発してみましょう。

顔をやや上に向け、口を大きく開けて少しずつ息を吸いながら、あくびのマネごとをすると、自然にあくびが出て、涙が出てきます。

一点凝視法とあくび法を繰り返すと涙の正常な供給が復活して、リズム感も戻り、角膜が上質の涙で覆われるようになります。

次は油分の供給方法です。

まつげの付け根マッサージ

涙の表面を覆う油膜は、まつげの付け根にある「マイボーム腺」から分泌されます。

マイボーム腺を指で刺激して、詰まっている油分を押し出し、新しい成分が活発に分泌されるようにします。

目を閉じて、両の親指をコメカミに当て、人差し指の腹でまぶたの付け根部分をやんわりと押して、マッサージします。

ゆっくりと、10回ほど押しましょう。

最後は、分泌した涙を十分に潤滑させ、あふれ出た涙をうまく排出する機能を回復させ、目の周りへの体液の循環をよくします。


完全まばたき法

しっかりとまばたきをすることにより、眼球の表面の「角膜」に涙の膜を形成することが可能になります。

まばたきの回数が少なかったり、上下のまばたがきちんとくっつかない中途半端なものになったりしていると、「不完全瞬目」という状態になり、涙がうまく潤滑しなくなってしまいます。

そこで、“眼輪筋(がんりんきん)”と呼ばれるまぶたの筋肉を鍛えると、しっかりしたまばたきがラクにできるようになります。

ここでは上まぶたと下まぶたの筋力をアップするトレーニングを紹介します。

 @アゴを引いて顔を下に向け、両目は上を見たままの状態を保ったまま、ゆっくりと両まぶたがくっつくように、しっかりとまばたきします(下まぶたの筋力アップ)。

 Aアゴを上にそらせたまま両目で下を見たままの状態で、同じようにゆっくりとしっかり瞬きします(上まぶたの筋力アップ)。

この運動を毎日10回繰り返します。眼輪筋を鍛えると、正しいまばたきがラクにできるようになるとともに、目じりのしわや隈(くま)を取り除く効果も期待できます。

目頭つまみあげマッサージ

感極まって涙のでる映画のシーンなどで、洋画ならまず鼻を押さえますが、日本人ならほとんどの場合ハンカチなどで目頭を押さえます。

この違いは、アングロサクソン系の人々は鼻涙腺が太く涙が目に溢れず鼻に流れ、日本人はこれが細いので目に溢れるためといわれています。

そこで古い涙を排出する通り道の鼻涙腺を刺激して、排出のほうも良好な状態に戻しましょう。

 @目頭の付け根を人差し指と親指でつまみます。

 Aギュッとつまみ上げるようにして、手を入れ替えて10回ずつマッサージします。

目の溝マッサージ

最後に目や眼球周辺の体液や血液の流れをよくするマッサージ方法を紹介します。

 @左右の眼球の上側の骨の真ん中あたりの一番高い部分にあるくぼみを、それぞれの親指の腹で軽く押して刺激します。

 A左右の眼球の下側の骨の真ん中あたりの部分にあるくぼみを、それぞれの中指と人差し指の腹で軽く押して刺激します。

上下をそれぞれ10回ずつ繰り返してください。目全体の活性化を進めるこのトレーニングでは、特に、眼球を満たす体液で、眼圧を保つとともに角膜・水晶体の栄養補給の役目も果たしている「房水(ぼうすい)」の流れがよくなり、緑内障の防止に効果的です。

このため、ドライアイが気にならない人も、このマッサージをすることをお勧めします。

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye
脳の活性化で視力は回復する
視力低下と物忘れ
ちょっと覚えるだけ
脳と目の連携
脳内視力年齢チェック
10の視機能
近視は老眼にならないの間違い
老眼の3つのタイプ
ドライアイを防ぐ方法
緑内障を防ぐ方法
白内障を防ぐ方法
今日からやる視力アップ習慣
目を良くする食事・悪くする食事
眼の老化を止める生活10箇条
脳内視力で思い通りの人生を
乱視改善で視力回復!自宅で出来る今野式乱視改善エクササイズ
リンク集
1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法
視力回復8週間徹底プログラム
88.8%の改善率!自宅で視力を治す方法!

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
銀行 住宅ローン 金利 比較
































































































































老眼は脳の視力回復トレーニングで改善する All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。